エネルギー・放射線に関する教員セミナーのご案内

  • HOME
  • セミナー・特徴
  • 実績
  • お申し込み
エネルギー・放射線に関して 「もっと知りたい」「授業の進め方がわからない」 「身近にできる実験方法を知りたい」「新しい教材について知りたい」 ──といった要望に応じて、参加型・体験型教育研修を実施いたします。

教員セミナーの開催

1 事業の目的

エネルギー・放射線に関して
「もっと知りたい」「授業の進め方がわからない」「施設を見学したい」
「身近にできる実験方法を知りたい」「新しい教材について知りたい」

──といった要望に応じて、参加型・体験型教育研修を実施いたします。

2 コース

Aコース 講義・ワークショップコース 理科、社会、総合的な学習の時間、特別活動(防災教育)など
Bコース 講義・施設見学コース(日帰り限定) 見学先のコーディネートの他、エネルギー・放射線に関する講義を実施
バス、見学などにかかる費用が無料
Cコース 大学(教育大学、教育学部) 教員免許更新講習、 教員養成(大学生への講義)など

3 対象

・小学校、中学校、高等学校、高等専門学校及び特別支援学校の教育職員
・教育職員に準ずる方(大学院生、大学生とこれらの教育職員)及び教育委員会指導主事、教育行政に係る地方公共団体職員など

4 実施日

平成28年6月1日(水)~平成29年2月28日(火)
(日程については調整させていただくこともあります。)

5 会場

A コース・C コースをご希望の方は、学校、大学、公民館、公共施設などにて、会場の手配をお願いします。

6 講師

大学、研究機関、科学館などの専門家または教師経験者など

7 費用

講師、教材、施設見学にかかる経費など、セミナーにかかる費用は無料です。

8 教科

理科では、電気の働き・電流の働き・電気の利用(小学校)、電流とその利用・科学技術と人間・エネルギー変換・エネルギー資源・放射線の性質と利用・放射線の人体影響(中学校)、科学と人間生活・物理基礎(高等学校)などの内容に沿った講師、教材などを提供することができます。
その他、社会、総合的な学習の時間、特別活動(防災教育)への研修にも対応できます。

9 サポート内容

模擬授業 講 義
公開授業を予定している方の授業運営をサポートします。
当日のゲストティーチャーの派遣だけでなく、授業を実施するまでの準備を含めて、トータルサポートいたします。
エネルギー・原子力・放射線等の分野に詳しい講師を選定し、派遣します。
ご希望のテーマにあわせた様々な資料(冊子、DVDなど)を提供させていただきます。
実 験 ワーク・ディスカッション
エネルギー 放射線
手回し発電機、コンデンサ、フレミング、再生可能エネルギー実験など 霧箱、放射線測定器、
電磁波実験など
これからのエネルギーをどう考えるのか、放射線とどう向き合っていくのかといった課題について、ケーススタディやワークシートなどを利用して、参加者同士で議論いただきます。

申し込み方法・締切

〔主催〕経済産業省 資源エネルギー庁 〔運営〕公益財団法人日本科学技術振興財団
〔後援(予定)〕全国小学校理科研究協議会、全国中学校理科教育研究会、日本理化学協会、日本エネルギー環境教育学会、
        一般社団法人新・エネルギー環境教育情報センター

問い合わせ先及び申込書送付先

公益財団法人日本科学技術振興財団 エネルギー・放射線に関する教員セミナー事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号 TEL. 03-3212-8504 FAX. 03-3212-8596
e-mail:r-seminar@jsf.or.jp

Copyright © 公益財団法人日本科学技術振興財団