エネルギー・放射線に関する教員セミナーのご案内

  • HOME
  • セミナー・特徴
  • 実績
  • お申し込み

実践事例

滋賀大学教育学部(滋賀県)

エネルギーミックスのヒントを楽しく、わかりやすく。

エネルギー資源が乏しい日本だからこそ考えたい“エネルギーミックス(安定した電気を供給するために、様々なエネルギーの特徴を考え、バランスよく組み合わせること)”。この日は、将来の教育者の卵・滋賀大学教育学部の学生たちに、エネルギーミックスについて実験を交えて学んでいただきました。
まずは日本のエネルギー事情、原子力発電等の各発電方法のメリット・デメリット、発電コストの比較、再生可能エネルギーの将来性などを紹介。そして実験では、手回し発電機やペルチェ素子などを使って、電気をつくることの大変さや、電気は熱や音、光など様々な形に変換できることを体験していただきました。さらに防災教育の一環として、放射線についての実験・体験学習も行いました。学生たちの「そうだったのか」とうなづく姿がとても印象的でした。

会津若松市立城西小学校(福島県)

魅力的な授業をともに考え、明日をつくる。

モデル授業

福島県の小学校(2校)と中学校(1 校)の教員が連携して、小学5年生の生徒と共に、モデル授業を実施しました。(授業内容:地域としての放射線教育の今後について)その授業を本事業でサポートさせていただきました。具体的には、教員の皆様がモデル事業を円滑に進められるよう、事前に授業の進め方や、放射線測定器の使い方等について、念入りに打ち合わせ等を行いました。
 当日は、霧箱を使って放射線の飛跡を見たり、グループごとに放射線測定器を持って校内各地の放射線を測定する等の実験を体験。モデル事業を見に来ていた他校の教員等からも、高い評価を受けました。

教員セミナー

上記モデル事業のあとに、併せて教員を対象にした研修会を実施。福島第一原子力発電所事故当時に学校の現場で起きた悩みやジレンマを元にしたケーススタディなどを盛り込む工夫をしたところ、活発なディスカッションが行われました。アンケート結果でも、多くの教員から満足したとの回答をいただきました。
 こうした取組みを通じて、放射線教育は、「正解を与えてもらう」のではなく、「共に考え、共に認めあうこと」が重要だと感じました。

申し込み方法・締切

〔主催〕経済産業省 資源エネルギー庁 〔運営〕公益財団法人日本科学技術振興財団
〔後援(予定)〕全国小学校理科研究協議会、全国中学校理科教育研究会、日本理化学協会、日本エネルギー環境教育学会、
        一般社団法人新・エネルギー環境教育情報センター

問い合わせ先及び申込書送付先

公益財団法人日本科学技術振興財団 エネルギー・放射線に関する教員セミナー事務局
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2番1号 TEL. 03-3212-8504 FAX. 03-3212-8596
e-mail:r-seminar@jsf.or.jp

Copyright © 公益財団法人日本科学技術振興財団