科学技術館立体フルデジタルドームシアター「シンラドーム」オープン




 2008年8月20日(水)、科学技術館4階の映像シアター「ユニバース」がリニューアルし、立体フルデジタルドームシアター「シンラドーム」としてオープンしました。
 インタラクティブな全天周立体映像を常時公開するドームシアターとしては、日本初となります。

シンラドーム

 オープン日の20日には、完成記念式典が開催されました。式典には、出展者である理化学研究所の武田健二理事をはじめ、国立天文台の観山正見台長、日本宝くじ協会の河野正一常務理事、国立科学博物館の佐々木正峰館長、日本科学未来館の小中元秀副館長、そして、田中真紀子衆議院議員など多くの方にお越しいただきました。田中議員は、12年前に「ユニバース」を含む科学技術館の展示「FOREST」誕生のきっかけを与えてくださいました。

完成記念式典

 式典後に行われたデモンストレーションでは、今後上映されるものを中心に映像コンテンツが紹介され、さらに、リニューアル前の「ユニバース」そしてリニューアルした「シンラドーム」のプロデューサである理化学研究所の戎崎俊一主任研究員がホストになってライブショーが行われました。ゲストに理化学研究所の林崎良英領域長を迎え、お二人に宇宙というマクロの世界から細胞・DNAというミクロの世界まで、立体映像で解説していただきました。

デモンストレーション

 「シンラドーム」は、完全シームレス(目地なし)を実現した直径10mのドームスクリーンに、12台のプロジェクタで映像を投影しています。立体視は、左右の映像を光の波長で分けることによって再現させる分光方式(Infitec)を採用し、漆黒の中に星が輝く宇宙空間を美しく表現しています。
 また、シンラドームで上映される映像コンテンツは、研究機関や大学等で観測または計算された科学データをもとに制作されており、科学的に正しい内容かつ美しい映像となっています。
 さらに、毎週土曜日の午後には、第一線で活躍中の研究者や科学者が案内役として直接来館者に語りかける科学ライブショー「ユニバース」が、リニューアル後も引き続き上演されます。ライブショーでは、映像システムに直結されたスーパーコンピュータで銀河の衝突や分子の運動など、インタラクティブなシミュレーションを行います。

システム

 もう少し細かい概要は、科学技術館ホームページでご覧いただけますが(http://www.jsf.or.jp/image/info/synra20080819rls.pdf)、「百聞は一見にしかず」です。おかげさまで、初日から上演を待つ列ができました。皆様も、ぜひご来館いただき、シンラドームの映像をご体験ください。